自動車学校の試験

自動車学校で仮免をもらうには

自動車学校の仮免試験の心構え

自動車学校の仮免試験は、一番落ちる可能性の高い最初の試験です。しかし、試験内容はいつも場内講習で行っているコースを走行するだけなので、適度な緊張と心構えをもっていれば、余裕でパスすることができるでしょう。心構えとしては、指定されたコースを見て、とにかくイメージトレーニングをするだけです。実際に頭の中での自動車学校の場内コースを思い描いて、そのコースを思い出しながら何度も走行しましょう。もちろん、安全確認や停止措置のイメージも忘れないでください。渡されたコースを指で何度もなぞるのも良いでしょう。何度も走行したコースなので、よくイメージしていつも通りに走行すれば合格できるでしょう。

仮免に合格後、路上教習です

自動車学校に入学後、適性検査に合格してから知識面の講義が始まり、教習所内での実技教習に進んでいきます。一定の教習時間と実技のステップを踏んだ後に、路上教習に出るための知識面の学科試験と実技面の仮免許試験が行なわれます。実技試験はいつも走っている自動車学校のコース内で行なわれ、横に乗った教官からの指示により走行します。安全確認や車線変更、踏み切り停車や坂道発進、S字走行など日頃の練習をしっかり行なっていれば難しくはありません。項目ごとに減点方式で採点され、不合格の場合は再度試験料を払って受験し直します。

自動車学校仮免情報

新着情報

↑PAGE TOP